Products/製品情報

About

130年の歴史を持つビクトリノックスは創設者である初代カール・エルズナーが、1897年に“OriginalSwissArmyKnife”の特許を取得したことで事業が発展し、機能性と革新性、アイコニックなデザイン、そして妥協のない品質を追求し続け、現在に至ります。生産拠点においてもビクトリノックスのマルチツールは創業の地でもあるスイス・シュヴィーツ州のミューテン山麓、イーバッハで生産されています。世界各国で愛されている“SwissArmyKnife”は一貫して創業時からのスタイルを変えず今日に至ります。株式会社ケーイーエムが提案するビクトリノックス製品はマウンテニアリング以外にもワークの現場やレスキュー活動に携わる多くの方々に使用していただける製品をセレクトしました。


//オフィシャルウェブサイト// スイス
https://www.victorinox.com/jp

Products

ラージポケットナイフ

レスキューツールスイス消防隊と5年をかけて共同開発したハンドルサイズ111mmのコンパクトなボディには、人命救助に必要な全15機能を装備しています。一刻一秒を争う厳しい現場で迅速な対応が迫られる環境下において、その真価を発揮するプロフェッショナルツールです。先端が丸く、ブレードの形状が内側に湾曲したベルトカッターは要救助者を傷つけることなく瞬時にシートベルトを切断することができ、負傷者の衣服を切断する際にも有効です。ライナーロック機構を搭載し、グローブをつけたまま開閉できるうえ、安全かつ効率的な作業が可能です。ハンドル部にはイエローの蓄光素材を採用して光のない環境下でも確認できるようになっています。

主な機能・救助作業例

救助作業例1 <自動車のサイドウィンドウを割る>1,飛散防止用フィルムを貼る。
2,サイドウィンドウをウィンドウブレーカーで割る。
3,ウィンドウを中に押し込む。

救助作業例2 <シートベルトカッター>1,シートベルトをしっかりとつかむ。
2,Rカーブのかかったシートベルトカッターで削ぎ切る。
 

救助作業例3 <フロントウィンドウを切断する1>1,ハンドルを両手でしっかりと握る。
2,ウィンドウブレーカーをガラス面に垂直に振り落とす。

救助作業例3 <フロントウィンドウを切断する2>3,ウィンドウブレーカーで開けた穴にガラスのこぎりの先端を差し込む。
4,ハンドルを両手でしっかりと握り、ガラス面に対し、垂直にのこぎりを引き切りする。

ドクターヘリ支援活動

ビクトリノックスジャパンは、重傷救急患者の救命活動に重要な役割を果たすドクターヘリ(救急医療用ヘリコプター)の普及・運営を支援する活動に取り組んでおり、このドクターヘリ支援モデルの売り上げの一部を、ドクターヘリによる救急医療システムの普及促進に取り組む認定NPO法人『救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)』に寄付しています。

ハントマン・ドクターヘリビクトリノックス・マルチツールはスイス軍が野営の際に使っていた便利な道具です。その伝統は、「ハントマン」にも引き継がれています。はさみとのこぎりを加えたため、切るものの幅が広がります。

スイスツール

スイスツールスピリットプラス洗練されたフォルムと機能性を兼ね備えた「SwissToolSpiritPlus」。エンジニアリングと優れたデザインの組み合わせによって素晴らしい効果が生まれることを証明したアイテムです。軽量で人間工学に基づいた無駄のないすっきりとしたデザインは、まさにモダンなマルチツールの真髄です。どのような状況にも対処できる38の機能を備えています。

製品一覧へ戻る